女性たち

増加する治療方法|歯科での治療と症状対策を考える

歯の補綴物

歯型

虫歯や歯周病、もしくは事故か何かで歯が抜けてしまった場合、急いで補綴をしなければなりません。何故なら、抜けてしまった箇所を放置しておくと他の歯にも影響が及でてしまうからです。歯は、お互いが支えあっているため、どこか一つでも欠けてしまうと支えがなくなってしまうので抜けやすくなってしまうのです。歯の補綴を行なう場合は歯医者へ行き、歯の補綴を行わなければなりません。歯の補綴を行なうのは補綴歯科といい、インプラントや入れ歯、差し歯といった抜けた歯の補綴物を主に取り扱っています。その際に、入れ歯や差し歯といった歯の補綴物を作るのは歯医者さんではなく、歯科技工士という専門の職人さんが主に作ることになります。歯科医院で診察を受け、歯医者さんが顎の形や歯並びを観察し、それを元にカルテを作成し、歯科技工士さんに提出する流れです。そのカルテを元に歯科技工士さんが素材を元に本物そっくりの義歯を作成します。他にも、インプラントという顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に義歯をかぶせる治療法もあります。こちらは入れ歯や差し歯に比べて時間やコストがかかりますが、本物の歯と同じように使えるため「第二の永久歯」とも呼ばれています。
吉祥寺では、インプラント作成や入れ歯作りに力を入れている歯医者さんが多く存在します。インプラントは確かに便利ですが人によっては手術ができないケースも有るため、吉祥寺ではインプラントと同じくらいいれば、差し歯の義歯づくりが盛んに行われているのです。そのため、吉祥寺だけではなく、吉祥寺近辺からも歯医者に診察に来る人もいて、歯の補綴を依頼しています。