女性たち

増加する治療方法|歯科での治療と症状対策を考える

歯列矯正は必要

レントゲン

歯並びが悪い場合、人体には様々な悪影響がでてしまいます。その最たるものが、肩こりです。歯並びが悪い場合、歯と歯の咬み合わせが合わず、顎の筋肉には大きな負荷がかかってしまいます。そのため、顎の筋肉とつながっている首や肩の筋肉も連動し負荷がかかってしまうため、筋肉は常に緊張し、固くなってしまうのです。そうなった場合、血管が圧迫され血流が悪くなるので、慢性的な肩こりを起こしてしまいます。
このような歯並びを矯正するのが、矯正歯科です。矯正歯科では様々な器具を使い、歯並びを正常に戻したり、噛み合わせの改善を行い、患者さんの顎の状態を治しています。主に矯正歯科で用いる器具は、ブラケットやマウスピースです。ブラケットとは、昔から存在していつ治療方法であり、歯にブラケットと呼ばれる器具を装着し、ワイヤーを用いてゆっくりと歯並びを治していくという方法です。こちらは実際に効果があるのですが、審美性が若干損なわれます。マウスピースは必要なときに口に装着し、矯正するための器具です。審美性にはさほど問題はありませんが、治療できる症状が限られていたり、場合によっては治療が長引くという問題点も生まれます。
自分にあった矯正をしたい場合は、きちんとした矯正歯科で相談するのがもっともよいです。代々木にある矯正歯科では、そういった患者さんの悩みに快く相談に応じてくれるところが多いです。そのため、歯並びや顎関節症でお困りならば、代々木、もしくは代々木付近の矯正歯科で診察を受けてみることをおすすめします。代々木は東京都にあるため、多くの歯医者さんが歯科医院を開いています。